作詞作曲 谷本智子 編曲 富岡健 


「小さな幸せ」エッセイ集

2011年2月 NHKスペシャル無縁社会〜楽曲「小さな幸せ」との出会い

合唱曲「小さな幸せ」の混声版、女声版、男声版 三部作の出版に寄せて

2011年2月にNHKスペシャル「無縁社会」という番組がございました。未婚、離婚、失業、職場での人間関係の希薄化等・・・。それらが起因となって、社会に居場所がないと苦しむ人たちは、高齢者だけでなく、すさまじい勢いで低年齢化し、日本列島に無縁社会が広がっている・・・、という深刻な警鐘を伴った内容でした。

その番組の中では、かつて和歌山白浜の三段壁に終焉の地を求めた某大手メーカ管理職という男性と、いままさに保護された男性が白浜バプテスト教会の牧師によって保護される様子が写しだされていました。「寝る場所と3度の食事だけは提供しますから、気力が回復するまで、どうぞここでゆっくりなさってください。仮に気力が戻らなければ、ここで一生過ごしてもいいじゃないですか。」と牧師に諭されていました。

何カ月後かはわかりませんが、彼らはアルミのボールを持って白浜の豆腐屋からもらってきたボールいっぱいのおからでクッキーを焼き上げるのです。もう彼らの顔には笑顔が戻っていました。そして教会でのクリスマスパーティーでは彼も加わった聖歌隊によって一つの歌が歌われました。

私はその曲にいたく感動し、次から次とあふれる涙をどうすることも出来ませんでした。番組終了後、すぐにその教会をネットで探し出し、藤藪牧師に「あの作品の出版社をお教えください」とメールを送りました。先生からその「小さな幸せ」と題された作品が未出版であり、白浜バプテスト教会の聖歌隊の指導者「谷本智子さん」のオリジナルの作品です、とのお返事を頂きました。

私は「音楽家として、またクリスチャンとして、この小品が日本中に広まって、人の心に暖かさが戻って欲しいと願っています。この作品を全国の合唱団に歌ってもらえるように編曲をすることをお許しください。」と一度も面識もない作曲家の谷本智子さんに申し出ました。彼女からは「身に余る光栄」と快諾を得ることができました。番組終了からわずか2、3日後でのことでした。

谷本さんから楽譜が届いてから私はまさに導かれるままに4時間程で一気に女声版と混声版と書き上げることが出来ました。 「‘心の居場所’を作りたい――無縁化した人たちが再び、社会とつながるための様々な試みを通じて、無縁社会を乗り越えるための処方箋は何か、解決の道筋を模索していく。」NHKのこの問いかけに対して、「小さな幸せ」というこの歌が、苦しみ悩む人々の「心の居場所」にそっと寄り添うに違いない、との思いで編曲をいたしました。

日本中がこの歌によって、心と心がつながることを願っています。

2011年3月  編曲者 富岡 健

という文章を書き上げたところに、東北に恐ろしい震災が・・・。自然の猛威は人の心までもどん底に追いやってしまいました。「生き延びられたことが、いいのかどうか。」惨状を前にマイクを向けられた方の、力なく茫然自失と語る姿を見るたびに、こちらまで言葉を失ってしまいます。そんな中、私の音楽仲間のお一人が「小さな幸せ80冊を会津若松高校に送って欲しい」との申し出を頂きました。その方の出身校でした。頭が下がりました。大きな被害に苦しむ東北の高校生がこの歌をうたうことによって、心のなかで慰めと勇気が生まれてくれるなら、こんなに嬉しいことはありません。

500円の定価ですが、そのうち100円を「命」「絆」の尊さのために闘い続けていらっしゃるNPO白浜レスキューネットワークの代表・藤藪牧師の御用のために用いていただくことを決意いたしました。

2011年4月 新譜紹介 合唱曲「小さな幸せ」の書評 (株)パナムジカ

[今、人の心と心をつなぐうた・・・「小さな幸せ」合唱版]

「小さな幸せは ほんとは大きな幸せ・・・」 と、なんでもない日常への感謝を歌った「小さな幸せ」という曲が、今静かな話題を呼んでいます。

作詞・作曲をしたのは和歌山県在住の音楽家「谷本智子さん」。もともとは、教え子の結婚のお祝いのために作曲されたまったくプライベートな作品でした。ところがこの曲が、2月に放映されたNHKスペシャル「無縁社会」という番組中で流されるやいなや状況は一変、放送直後からTwitterなどで「あの歌に感動した。」「題名、歌詞を教えて」と、感想や、問い合わせが殺到し、一躍話題の曲になってしまいました。

今回この曲を合唱曲に編曲をした富岡健氏も問い合わせをしたその一人。「この曲を全国の合唱団に歌ってほしい。」という一念から、速攻で作曲者にコンタクトをとり、編曲の了承を得て、そして今回自ら出版までしてしまいました。 そしてその後起こってしまった東日本大震災。私たちは「小さな幸せ」がどれほど「大きな幸せ」だったかを痛感させられました。だからこそ、今この"小さな"うたが、私たちの胸に"大きな"感動を呼ぶのでしょう。多くの人に、優しい気持ちで歌っていただきたいと思います。

2013年12月 藤藪牧師との出会い 白浜バプテスト教会表敬訪問


12月15日午前10時すぎの聖日礼拝でのことです。
藤藪牧師があとの式次第の順序を混乱するほどに感動の動揺を示し、
牧師夫人は自らの頬を濡らしながらも、むせび泣く参会者にティッシュをそっと渡し、
三段壁を彷徨い保護された共同生活者のみんなは頭を深く垂れて目頭を押さえる。
合唱団メンバーはあふれそうな涙を懸命にこらえながら歌い切ろうとする・・・・。
誰がこんな光景を想像できたでしょう。
私たちが「小さな幸せ」を歌いだしてわずか数小節の事でした。

「小さな幸せ」が全国の合唱愛好家に広まって販売累計が1000冊となり、
一冊につき100円の浄財が10万円となりました。
私はこれを銀行口座に振り込むのではなく、 白浜を訪れ、
全国の合唱愛好家の善意を藤藪牧師に直接手渡したいと願いました。
心強いことに大阪コンソートの33名と
大学の先輩でありキリスト者の2名の合唱人も同行くださることになりました。

一方、教会は私たちをどう受け入れればいいのかと躊躇なさった事でしょう。
藤藪牧師とって「NHKスペッシャル無縁社会」放送後に
「あの曲の作品名と出版社を教えてほしい」というメールを差し上げて以来、
何の接点もない私からの一方的な「表敬訪問」なのですから。
しかし、「小さな幸せ」を歌いだしてわずか数小節の間に
礼拝堂の空気は一転しました。
まさにそこに聖霊が降り、
そこに集うもの全てが分け隔てなく大きな愛と祝福に包まれた思いでした。


加えてなんというお引き合わせでしょう。
私たちの演奏後、一人の男性が受洗を前に「証し」をたてられたのです。
今夏、三段壁からレスキューネットワークによって保護されたというお方が!
ただでさえ「証し」を述べるには平常な心ではないのに、
見ず知らずの30数名も加わっての礼拝です。
この男性にはこのプレッシャーは気の毒なことでした。
しかし過去から脱却し、み心にかなう新しい歩みを 胸を張って
前を見すめて強く「証し」を述べられた男性。
我々はこの方の心の壮烈な戦いを この「証し」から知ることとなりました。
そして多くの困難から立ち上がったこの男性に対して、
私たちは心から祝福あれ、と願いを共にしたのでした。

この男性もこの看板に心動かされたのでしょう



電話機のそばには缶がひとつありました。

藤藪牧師が用意した10円玉が入っていました。

この朝、作曲家の谷本智子さんも駆けつけてくださいました。
礼拝中にささげた時にはおいでではなかったので
私たちは礼拝後3曲の賛美の歌を歌った後、 もう一度「小さな幸せ」を歌いました。
先ほどの気丈に「証し」を述べた共同生活者の頬に涙が流れ落ちる姿に、
もう私たちは涙をこらえることはできませんでした。
私は「オシカケ」ではなかったことを喜びます。
私たちのつたない歌が会堂に集う一人一人の胸に、
音楽の喜びと力をお伝えできたこと。
一方、コンソートのメンバーにとってこの教会で見聞きしたことは、
信仰や宗派を越えた「普遍的な愛と恵み」を感じることとなりました。

藤藪牧師と谷本智子さんとともに

私は共同生活者の皆様にお声をかけることはできませんでした。
深く心に傷を負い、悩み苦しんでいる方々に
どんな言葉をおかけすればよいのでしょうか。
そんな私になんと彼らが歩み寄って声をかけてくれたのです。
「今日はありがとうございました。」「素晴らしい音楽に感動しました」
「楽しい解説でした」と。
情けないことです、励まされたのは私の方でした。


教会がご用意してくださったお食事と語らいの場を辞するときが来ました。
共同生活者のみなさんは、
だれかれともなくすすんで テーブルの上の後片付けを始めてくれました。
そのお姿を見た私は謝辞を述べようにも、
もう言葉にはなりませんでした。
「どうぞ皆様、ここで人生をリセットしてくださいますように。」
という言葉を発したものの、
私の嗚咽に聞き取れなかったことでしょう。


牧師夫人が私にこう言ってくださいました。
「私たちにとって今日2つの願いが叶えられました。
数年前に「小さな幸せ」に出会った時に、 この曲はイケル、と思いました。
しかし、全国に発信する手段が私達にはありません。
そんなときに富岡先生から編曲出版のお話が、まさに舞い込んだのです。
その方と今日お会いすることできました。
もう一つは、私たちの聖歌隊ではこの曲を思うように歌えません。
そこで上手な合唱団の演奏を聴きたかったのです。
その願いも叶えられました。」

牧師夫人の有難いお言葉を胸に刻み、藤藪牧師と硬い握手を交わして、
私たちは教会の前の坂道を降りていきました。
下りきったところには番組でうつしだされていた「お豆腐屋さん」がありました。
『無用といわれる「おから」を 社会から無縁となった俺がクッキーにして
よみがえらせてやるのです。』
と番組で語っていた川上さんは、今は教会を離れ、 社会復帰なさったとのことでした。


教会玄関の窓枠にそっとこんな置物が・・・・

藤藪牧師に尋ねました。お金の次に今一番お困りはなんですか、と。
すると牧師は、「タオル・歯ブラシ・シャンプー・・・・ それに共同生活者が気力を戻し、
会社面接に出かけるときのスーツです。」
今もなお年間100名もの保護を抱える教会。 このお言葉に厳しい現実を知りました。
私は私の周辺に「スーツ」提供者を広く求めていく 活動を始めようと思います。
年代を感じさせない細身のスーツが、 箪笥の片隅に眠っているようでしたら
是非クリーニングの上ご提供ください。
自ら命を絶とうと苦しんだ方がたが、
あなたのスーツを着て社会復帰の第一歩を踏み出してくれるのです。
あと一つ。 一年に一回、白浜バプテスト教会に集い、
「小さな幸せ」を歌う会を 全国に呼びかけることを具現化しようと思います。
命の尊さや、人と人がつながる喜びを見つめなおし・・・・
藤藪牧師から元気をいただき、 藤藪牧師に我々の思いを託す会・・・・
そんなことを考えながら白浜を後にしました。



2011年2月、気分が優れないまま午前中のレッスンだけできり上げ、
帰宅して何気なくTVのスイッチを入れたら、
三段壁をパトロールする藤藪牧師のお姿が・・・。
番組終了後、教会で歌われた楽曲名を知りたいと藤藪牧師にメールをした勢いも、
牧師によって谷本智子さんとつなげてくださったことも・・・。
編曲もまるで何かに取りつかれたように、ささっと筆が進んだことも・・・。
初めての楽譜出版にこぎつけたことも・・・。
そして白浜バプテスト基督教会の礼拝堂で指揮する自分の姿も・・・。
これが「導き」っていうものなんですね。
そして1000冊お買い上げくださった善意がここに実りました。



大阪コンソートのメンバーによる訪問記はこちらです。

http://tiny-happines.seesaa.net/